2020-05-27

青木崇高の演技が割と好きかもしれない。今回観た「殺人分析班」シリーズといい、以前観た「サギデカ」といい、現代劇を演じる青木崇高がたぶん好きである。現代劇と限定したのは、るろうに剣心相楽左之助役は肌に合わなかったからだ。知的な役の方が自分的にしっくりくるのだろうか。イケメンはイケメンだけど、小栗旬とか向井理とか佐藤健みたいに、露骨にイケメン枠じゃないのもいい。あるいは、青木崇高に限らず、個性的な風貌で、「気分にムラがあって何考えてるか分からないけど基本的には真面目な人間」みたいな役柄が好きなのかもしれない。